フジヤマゲイシャ

日本の文化やアニメやゲーム、日本の海外の反応系2ちゃんねる+おーぷん2ちゃんねるまとめブログ。

海外反応系
COBRA コブラ 1/6サイズ ジェーン 003
2chまとめブログ


最新の記事

【外国人に占領された街】もう日本人の出る幕なし?外国人だらけのニセコに見る日本の未来 =現代ビジネス (04/21)  youtubeの日本ホルホル動画(政治系・海外の反応) バイトが「1作品80円」で作成していた (04/18)  【海外の反応blog】 海外「やっぱ日本製って凄いんだな…」3年かけ台湾に漂着した奇跡のカメラが話題に (04/16)  【netgeek】日本の健康保険を中国人が悪用する医療制度タダ乗りツアーが大盛況、例えばガン治療であれば日本が6,040万円も負担することになる。 (04/10)  【海外反応blog】日本発の最新技術が完全に未来 →→ 心の中のイメージの画像化に成功、将来的には考えたりイメージするだけで機械を動かせるようになるだろう (04/06)  【社会】在留外国人、256万人=最多更新、ベトナムが急増 (03/30)  【経済】米輸入制限、日本には適用=除外は7カ国・地域-通商代表 (03/28)  【国際】インドで日本アニメのコスプレ 若者ら3百人行進 (03/22)  【社会】円谷プロ、“中華ウルトラマン”映画を提訴 中国の制作会社を上海で (03/17)  【政治】英紙「身びいきのスキャンダル」 文書改ざん各国で報道 (03/16)  【経済】中国、「一帯一路」への日本の参加を歓迎 (03/12)  【話題】知ってる日本人トップ 欧米は「昭和天皇」 アジアでは「安倍晋三首相」 (03/11)  【慰安婦問題】ソウル市、旧日本軍の「朝鮮人慰安婦」虐殺映像を初めて公開 (03/10)  【経済】群馬の外国人宿泊者 昨年は過去最多の28万人 (03/09)  【社会】奈良公園で「鹿にかまれた」…相談の8割外国人 (03/06)  【社会】日本のパスポート、世界最強に シンガポールと同列 英企業調べ (03/05)  【国会議員 杉田水脈blog】フランスの反日フリーペーパー問題(NHKが最大スポンサー)→→ 杉田水脈『パリで安倍政治を許さない!デモが行われている』 (03/04)  【話題】日本の結果は? 世界で最も腐敗が少ない国ベスト20 (02/27)  【平昌五輪】安倍首相は「招かれざる客」=五輪開会式出席を非難―北朝鮮紙 (02/24)  【海外の反応blog】 海外「日本人の顔は多様なんだよ」 『アニメキャラ白人説』を論破した画像が話題に (02/20) 

記事一覧はこちら

ページ移動

<<前ページ | トップページ | 次ページ>>

【話題】「日本の犯罪率はなぜこんなに低いの?」海外の反応いろいろ

  1. 名前: まとめ人ゲイシャフジヤマ 2016/01/25(月) 08:30:48
    1:2016/01/22(金)21:33:00 ID:
    日本は犯罪率は世界でも最低水準にあり、安全な国として知られています。

    2015年の犯罪率はさらに低下し、戦後最低となったことを警察が発表しました。

    人口1億2700万人に対して殺人事件が933件しかないことが驚きだと、海外サイトで話題になっていました。

    No. of crimes in Japan falls to postwar low in 2015

    減少しているのは殺人事件だけではなく、その他の犯罪も同様で、
    窃盗・盗難や詐欺事件なども2014年より減少していることが明らかになりました。

    また、10代の犯罪件数が65歳以上の犯罪件数より少ないのも特徴で、
    海外掲示板では感嘆の声が上がっていました。(※少子高齢化の影響もあると思われます)

    抜粋してご紹介します。

    ●初めて日本を訪れたとき、安全であることに戸惑った。夜に歩いていると周りには
    「安全」を示唆するものなど何もないのだけど、そう感じる。
    おそらく脅威を感じさせるものがないのだろうと思う。

    ↑昨年、自分が東京に行ったときは、犯罪や暴力を感じさせるひとつのヒントさえ見あたらなかった。
    最も奇妙なことは、ある男が転んで、(思うに)誰も助けてくれないと怒鳴っていた。
    それがロンドンで起きたら、顔色一つ変えることもないが、
    東京だと普通ではないので目立つ。今まで行った最も安全な場所だった。

    ↑破壊や暴力行為がないことがすばらしい。公共のトイレに行ってもとてもきれい。
    自分の国はいったい何がおかしいのかと考え始める。愚か者がめちゃくちゃにして、
    まともな公共の設備すら持てないのかとね。

    ↑少なくともアメリカでは極端なところまで「個人主義」を推している。
    強烈で頑固な個人主義が、公共の設備の破壊につながっていることは、それほど驚くことではない。

    ●独身女性が、真夜中の東京で自転車に乗っている。もうそのことが「安全」と自分に叫んでいる。

    続き livedoor news/2016年1月18日 12時53分 らばQ
    http://news.livedoor.com/article/detail/11076973/

    ◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 35◆◆◆
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1452776325/490
    2:2016/01/22(金)21:37:17 ID:
    2時3時に自転車乗って彷徨いてても職質されない、それが日本クオリティー。
    Ingress民が世界一多いのも納得。
    3:2016/01/22(金)21:46:35 ID:
    警察が仕事しないから
    6:2016/01/22(金)21:54:14 ID:
    >>3
    これは以前から指摘されてる。
    変死体が単なる「変死」か「自殺」にされているという。

    日本が安全なのは確かな事だけど
    それは日本民族の社会的な民度が高いせいであって
    決して警察が有能なわけではない、という話。
    9:2016/01/22(金)22:14:03 ID:
    逆に海外の犯罪率が高いのはなんでなんだぜ
    10:2016/01/22(金)22:15:24 ID:
    >>9
    失うものの大きさじゃないか。
    暮らしが豊かになれば犯罪して失うものが大きい。

    (省略されました・・全てを読むにはここを押してください)

    コメントを書き込む コメントを読む(0) トラックバック(0) [日本のここが凄い!]

【国際】外国人が日本ホメる番組や書籍 頭をなでられ喜ぶ子供のよう 落合信彦氏

  1. 名前: まとめ人ゲイシャフジヤマ 2015/05/11(月) 01:25:48
    1:2015/05/10(日)22:04:34 ID:
    外国人が日本ホメる番組や書籍 頭をなでられ喜ぶ子供のよう

     日本のテレビ報道の劣化が叫ばれているが、「低俗な番組ばかりが増えて、国際情勢など日本にとって
    重要な問題がまったく報じられなくなった」と嘆くのは落合信彦氏だ。

     昨今のテレビを見て驚くことは、欧米では当然トップニュースになるはずの国際情勢が、
    日本のテレビでは取り上げられていないことだ。

     たとえばこの間、アメリカのCNNを見てみれば、ギリシャがEUから脱退するかも知れないという話題をトップニュースとして扱っていた。

     私は1980年にニュース専門チャンネルとしてCNNが開局してすぐに、創業者のテッド・ターナーに会っている。

     その際、「24時間ニュースばかりでやっていけると思いますか」と聞いたところ、
    彼は「5年後には世界中の大統領や首相が見るようになる」と断言し、事実その通りになった。
    国際社会では、他国の情勢に関心を持つのは当たり前なのだ。

     ところが日本では、国際情勢に関する報道の多くはテレビから消え、テレビによって愚民化された視聴者を喜ばす
    低俗な番組ばかりになってしまった。こうして日本人は、ますます劣化していくことになる。

    世界の現実の代わりに日本人が好むようになったのが、「日本第一主義」だ。テレビには外国人が日本のことを
    褒めるだけの番組が溢れ、書店では外国人が書いた「日本が世界から尊敬される理由」といった類いの本ばかりが売れている。
    これではまるで頭をなでられて喜んでいる子供だ。

     残念ながら日本人は世界で尊敬されてなどいない。それどころか、世界は日本への関心を全く失っている。

     私は昨年フランスを訪れたが、フランスのテレビに映るのは中国関連のニュースや中国企業のCMばかりで、日本のことなど触れられもしない。


    続き ライブドア/NEWSポストセブン
    http://news.livedoor.com/article/detail/10095635/
    2:2015/05/10(日)22:06:01 ID:
    >>1
    ちょっと前までは、日本を卑下した上で低俗な番組ばかりだったじゃないかw
    お前はマゾなのかw
     
     
     
     
    3:2015/05/10(日)22:06:04 ID:
    と、モサドの友人が?w
    4:2015/05/10(日)22:06:09 ID:
    さすがにやり過ぎじゃねとは思う

    (省略されました・・全てを読むにはここを押してください)

    コメントを書き込む コメントを読む(1) トラックバック(0) [日本のここが凄い!]

【社会】日本の魅力再発見ブーム~どこの国にも存在する“無邪気な自画自賛”を危険なナショナリズムと批判する人達

  1. 名前: まとめ人ゲイシャフジヤマ 2015/04/16(木) 08:58:44
    1:2015/04/12(日) 22:24:21.53 ID:
    ★日本の魅力再発見ブーム…底流にあるのは?
    2015年04月12日 08時25分

    外国人を登場させたりして日本の魅力を再発見しようとするテレビ番組や出版物が目立っている。

    このブームをどう捉えるべきか。ナショナリズムと結びつく動きなのか。萱野稔人・津田塾大教授、
    先崎彰容・東日本国際大教授の見方を聞いた。

    ・テレビや本が魅力を紹介

    テレビ番組では、「所さんのニッポンの出番!」(TBS)、「クイズ!それマジ!?ニッポン」
    (フジ)など“日本モノ”が大はやり。ブームの元祖ともいえるのは「YOUは何しに日本へ?」
    (テレビ東京)だ。来日外国人に空港で声をかけ、時には密着取材し、日本の魅力を再発見する。
    視聴者の支持を集め、特番から深夜レギュラー番組、さらにゴールデンタイムへ昇格してきた。

    番組企画は、中国人の“爆買い”現象をきっかけに生まれた、と村上徹夫プロデューサーは明かす。
    また、「分かりやすい日本賛美の番組も多い」として、「自分たちは日本の良さを押しつけ
    るつもりはなく、外国の方と一緒に日本のいい面も悪い面も見て、結果としての再発見を
    切り取りたい」と強調している。

    出版物では、小学館『にっぽんの図鑑』=写真=の売れ行きも好調だ。2月末に刊行された、
    子供向け図鑑「プレNEO」シリーズの最新刊。

    1冊で自国文化がまるごと分かる本として、あいさつから食生活、遊び、風呂、祭り、伝統芸能、
    風習、妖怪まで、図や写真を多用して紹介する。同社生活編集部の青山明子編集長は、
    「日本というキーワードがざわざわしている印象があった」と企画意図を振り返る。
    高度成長期以降に育った大人が、生活文化を次世代に継承できていないとも感じたといい、
    自身も「改めて日本文化の奥深さを感じた」と語る。

    新書でも、日本を褒めるタイトルが目立つ。オリコンの2014年売り上げランキングでは、
    100位以内に、川口マーン惠美著『住んでみたドイツ 8勝2敗で日本の勝ち』、
    竹田恒泰著『日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか』などが入っている。

    ■無邪気な自画自賛…萱野稔人・津田塾大教授

    政府は来日外国人旅行者数1000万人を目標にしていたが、2013年、いとも簡単に超えてしまった。
    日本人はその事実に驚き、外国人が自らの社会や文化に興味を持ってくれたと喜んでいる。
    そして「日本のどこに魅力があるのか」と確認し、自己を肯定しようとしている。
    ブームの背景にあるのは、そんな心理状態だろう。

    自己を肯定したい気持ちは根本的なもので、個人にも国にも、普遍的に存在する。私もフランス
    8年間住んだが、食べ物や治安、清潔さなど、比較するなら圧倒的に日本が住みやすく、肯定したいと思う。
    外国人旅行者の増加といううれしいニュースに接し、自画自賛したくなるのは無邪気な感情で、
    目くじらを立てる必要はまったくない。

    その気持ちを、危険なナショナリズムの兆候だと批判する知識人もいる。彼らは小さな芽の段階で、
    それを摘もうとするが、正面から批判すればするほど、素朴な感情は追いつめられ、抑圧される。
    その結果、攻撃的で、強烈な他者への批判に転化しかねない。不毛で逆効果だ。

    さらに、批判する側には、「自分は、日本を自画自賛するような価値観を超越している人間だ」
    という、ゆがんだ自己肯定があるように感じる。このように自己肯定の気持ちは知識人も
    乗り越えられない。批判する欺瞞ぎまんに気づいた方がいい。

    多くの人は「日本が優れているから、他国の上に立つべきだ」などとは思っておらず、節度がある。
    もちろん自画自賛がエスカレートしていく可能性もあるが、頭ごなしに否定するのでなく、
    むしろ自らの国の価値を特別視したい気持ちは肯定した上で、どうしたら暴走しないかを
    考えていくべきではないか。

    自己肯定の感情は、どこの国の、誰にでもあると認めることが出発点だ。
    そして、中国や韓国などとの外交問題を抱える中、互いに心地いい状態をどう作っていけばいいのか、
    長期的に得をするにはどうすればいいかを考えていくべきだ。

    この過程は個人でも、子どもから大人になる際に通る道と言える。日本という国も今、
    成熟する過程にいるのではないだろうか。

    ◇1970年生まれ。専門は哲学。著書に『国家とはなにか』『ナショナリズムは悪なのか』など。


    http://www.yomiuri.co.jp/culture/news/20150325-OYT8T50090.html?from=y10
    2:2015/04/12(日) 22:24:30.29 ID:
    >>1より

    ■他国批判も目立つ…先崎彰容・東日本国際大教授

    1990年代の思想界は、肯定否定を問わず、国家を語ること自体がナンセンスという雰囲気があった。
    だが、その後は格差や若者問題などが現れ、「日本とは何か」「国家とは何か」を考え直さなければ
    始まらなくなってきた。さらに、震災というカタストロフィー(破局)を経験し、言葉にならない
    不安が広がった結果、人々が改めて日本を語り始めた。ブームの背景にはこうした流れがある。

    テレビ番組であれ、本であれ、多くは海外からの“のぞき見”や、外国人の評価に一喜一憂している
    だけのように見える。だが、自己や自国とは、他者との差で肯定・否定すべきものではない。
    他者の評価もころころ変わる。自分を本当に見つめ直す行為は、今までの価値観や世界観を
    揺さぶられるようなもの。現在のブームは「今の自分の確認と肯定」で終わっているものが多い。

    ともすれば、他国への批判や罵詈ばり雑言も目立つのは、そのためだ。一方で日本肯定と同じぐらい、
    日本や権力を否定する言説も目につく。一見、対立するようだが、同じく精神の不安を表している。
    不安だからこそ、過激な主張を声高に叫ぶのだ。

    外国人観光客が急増している今日、過激な言葉が排外的言説につながるおそれもある。
    日本は高度成長で画一性が高まり、潔癖で無菌室のような社会となったため、外国人観光客らの
    行動に違和感を抱きやすくなっている。再発見ブームは、日本を「愛する」が故の排外的な言説を
    生みだす可能性がある。

    それにしても、日本を再発見し、肯定したいのなら、なぜ自らの「言葉遣い」に注意しないのか。
    日本を愛するとは、すなわち言葉を大事にすることではないだろうか。

    もちろん、ブームの中には、歴史と伝統を探ろうとする“落ち着いた日本探し”の出版物も登場しつつある。
    人をあおるような言葉を使うことなく、日本人が歴史の中で何を積み重ねてきたのかを、
    静かに振り返ってみるべきだ。文化を守りたいという静かな思いを、私たちはどれだけ
    持ち続けられるのか。しなやかで、柔軟性のある精神に注目していきたい。

    ◇1975年生まれ。専門は近代日本思想史。著書に『ナショナリズムの復権』
    『高山樗牛――美とナショナリズム』など。(文化部 小林佑基)
     
    20:2015/04/13(月) 09:02:20.03 ID:
    >>1
    外国人旅行者数の上位40か国
    https://www.jnto.go.jp/jpn/reference/tourism_data/pdf/visitors_ranking.pdf

    15位より下位を順に書くと

    16位 ギリシャ
    17位 カナダ
    18位 ポーランド
    19位 マカオ
    20位 サウジアラビア
    21位 オランダ
    22位 韓国
    23位 シンガポール
    24位 クロアチア
    25位 スウェーデン
    26位 ハンガリー

    27位 日本

    28位 モロッコ
    29位 アラブ首長国連邦
    30位 南アフリカ共和国

    日本は世界で27位。アジアで8位。
    訪日観光客は多いと言えるだろうか?
    24:2015/04/13(月) 09:18:11.19 ID:
    >>20
    それってトランジットとかと訪問先なのかを区別してるんだろうかね
    よく「韓国には経由地として立ち寄る人が多いから観光客が減ってても数字的に目に見えない」って聞くが
    26:2015/04/13(月) 09:20:23.15 ID:
    >>20
    特定の時点の順位より、推移を見るべきでは?

    ちなみに、2012年33位だったので、ランキングは上がってきているね。
    ttp://www.jata-net.or.jp/data/stats/2014/11.html

    そして、訪日外客数の動向。2014年は過去最高。
    ttp://www.jnto.go.jp/jpn/reference/tourism_data/visitor_trends/index.html

    (省略されました・・全てを読むにはここを押してください)

    コメントを書き込む コメントを読む(2) トラックバック(0) [日本のここが凄い!]

【社会】「日本最高!」と日本を「ポジる」番組が急増中 → 香山リカ「ナショナリズムとして末期的」

  1. 名前: まとめ人ゲイシャフジヤマ 2015/02/19(木) 08:34:26
    1:2015/01/24(土)21:16:29 ID:
    NHKの朝ドラでは外国人ヒロインが活躍、バラエティー番組ではハーフタレントがもてはやされる。
    近ごろは、海外で暮らす日本人を取り上げた番組も多い。共通するのは“日本を持ち上げる”妙な感じだ……。

    「朝の情報番組でも、外国人旅行客に日本のいいところを聞くというコーナーがある。
    好きで日本に来ているのだから、いいことを言うに決まっているのに、視聴者から評判がよく、数字がとれると聞きます」

    そう話すのは、精神科医の香山リカさんだ。
    「日本最高!」というポジティブすぎるテレビ番組を「ポジナショナリズム」と呼んで論評する。

    「プロ野球ファンが、絶対に勝てない状況で前向きに勝利宣言することを『ポジる』という。
    マイナス要因にまったく目を向けず、日本は世界から愛されているという根拠のない自信をもっている。
    ナショナリズムとしては末期的な状況です」

    外国人が日本を語る形式の番組は過去にもあった。1998年から4年間放送された「ここがヘンだよ日本人」(TBS系)だ。
    しかし香山さんは「今、こんな番組を作ったら、自虐番組だとか反日番組だとか言われて大変なことになるでしょうね」と苦笑いする。

    「日本を批判する番組は、やっぱり今の時代と逆行していると思います」

    そう語るのは「世界ナゼそこに?日本人」(テレビ東京系)の総合演出を担当するプロデューサーの水谷豊さんだ。
    秘境と呼ばれるような遠い異国で暮らす日本人に密着する内容。
    このように、海外で暮らす日本人を紹介するバラエティー番組も、ここ数年で急増していて
    「世界の村で発見!こんなところに日本人」(テレビ朝日系)、「世界の日本人妻は見た!」(TBS系)などがある。

    「10年くらい前は、あまり知られていない国を取り上げても視聴率はよくなかった。
    今はそんな国でも数字がとれるから不思議ですね」(水谷さん)

    世界の隅々にまで目を向けた番組は一見グローバル化の表れのようだが、日本の内側を見つめ直す意図があるという。

    「海外で暮らす日本人は、望郷の思いをもって生活しています。
    味噌汁がまったく飲めない場所で、味噌汁を飲んで自国を懐かしみ、その良さを再認識する感覚。
    こうした日本人心をくすぐるものを視聴者は求めているのだと思います」


    ソース:週刊朝日
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150123-00000011-sasahi-soci
    3:2015/01/24(土)21:19:09 ID:
    >>1
    自分の仕事の「ディスカウント・ジャパン」の邪魔でウザい
    迄読んだ
    26:2015/01/24(土)22:14:06 ID:
    >>1
    日本が憎くて憎くて堪らないんだろうね。
    先日もウヨという言葉が頭から離れずに幼稚園をうよちえんと読み間違える程、
    ウヨという言葉に取り憑かれているとかぼやいてたし。
    一種のノイローゼかもしれないから、精神科に罹った方がいいかもね。
    31:2015/01/24(土)22:21:55 ID:
    >>1
    自国批判している私スゲ━━━━━ッ!



    末期のサヨク小児病ですね。(笑)
    93:2015/01/25(日)11:37:01 ID:
    >>1
    マスコミが韓国見習っただけじゃねーの?

    あの嫌味ったらしい
    アゲ方は嫌いだけどね下品っつーか
    どういった方向にいくにせよ

    今のマスコミは日本の敵にしか見えん(一部を除く)
    94:2015/01/25(日)11:41:43 ID:
    >>93訂正

    嫌味ったらしい→含みのある

     

    (省略されました・・全てを読むにはここを押してください)

    コメントを書き込む コメントを読む(3) トラックバック(0) [日本のここが凄い!]

【話題】世界が驚く日本のプロレス 過去に人形と対戦も

  1. 名前: まとめ人ゲイシャフジヤマ 2015/01/03(土) 00:18:11
    1: ◆sRJYpneS5Y:2014/12/31(水)13:02:25 ID:

     日本のプロレス人気が盛り返しつつある。そこには、世界が驚く日本独自の世界があった。

     日本のプロレスはよく、昭和の時代のものとして、懐古的に語られるが、アメリカ、
    メキシコなど海外のプロレスや、ほかの格闘技の要素などを縦横無尽に取り入れ、独自の進化を遂げてきた。

     DDTと新日本プロレスの両団体に所属する若手最注目株の飯伏幸太(いぶしこうた)選手と、
    「ヨシヒコ」という人形(とはいえ週刊プロレスの選手名鑑にも掲載されているプロレスラー)との試合は、
    「驚くべき日本人の創造性」などと海外からも称賛の声が届いた。

     相手が人形であるため、一方的に技を“かける”展開を想像しがちだが、飯伏選手は人形相手に
    パイルドライバーなどの大技を“かけられる”のだ。かつてアントニオ猪木氏は「ほうき相手でも
    プロレスができる」と言われたが、その光景を本当に見せてしまう、飯伏選手の途方もない
    プロレスセンスと卓越した身体能力が発揮されている。


    続き ライブドア/dot.AERA
    http://news.livedoor.com/article/detail/9630832/

    4/5/2009 DDT "The Undertaker" Yoshihiko
    2: 名無しさん@おーぷん:2014/12/31(水)13:08:58 ID:

    ヨシヒコの6次元殺法やカナディアンデストロイヤー8連敗にも言及してやって欲しい。
    4: 名無しさん@おーぷん:2014/12/31(水)13:20:59 ID:

    大ダコと戦った海外のレスラーが居たような
    6: 名無しさん@おーぷん:2014/12/31(水)13:47:39 ID:

    WWEなんかだと
    対戦相手はホウキと変わらんだろ
    8: 名無しさん@おーぷん:2014/12/31(水)13:54:32 ID:

    >>6
    あの一方的に痛めつけてるだけの試合で熱狂できる感性が信じられない。
    9: 名無しさん@おーぷん:2014/12/31(水)14:00:50 ID:

    ヨシヒコ(使用済)って男装の麗人なんだなw

    (省略されました・・全てを読むにはここを押してください)

    コメントを書き込む コメントを読む(4) トラックバック(0) [日本のここが凄い!]

ページ移動

<<前ページ | トップページ | 次ページ>>
テンプレート: 2ちゃんねるスタイル Designed by FC2blog無料テンプレート素材 / 素材サイト: 無料テンプレート素材.com / インスパイヤ元:2ch.net

ページのおしまいだよ。。と